cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

新刊

  • 新刊
    池澤夏樹新訳の『古事記』が文庫本になりました。

    池澤夏樹新訳の『古事記』が文庫本になりました。

    「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」収録の『古事記』の文庫版を刊行。鴻池朋子が表紙絵を手がけ、解題は三浦佑之で装いも新たに、より手に取りやすくなりました。 詳しくは、こちらへ。

  • 新刊
    沖縄戦で命を失くした人々に捧げる絵本『ヤギと少年、洞窟の中へ』

    沖縄戦で命を失くした人々に捧げる絵本『ヤギと少年、洞窟の中へ』

    沖縄戦の最中、暗いガマ(洞窟)の中で過酷な運命を強いられた人々。看護師として駆り出され、戦場で命を落とした少女たち。そのひとつひとつの命を忘れないために語られ、描かれた絵本です。 池澤夏樹が文を書き、黒田征太郎が絵を描き …

  • 新刊
    池澤夏樹の『古事記ワールド案内図』が刊行されました!

    池澤夏樹の『古事記ワールド案内図』が刊行されました!

    『古事記』の現代語訳を手がけた池澤夏樹が案内する、『古事記』の世界を楽しむためのガイドブックです。 これを片手に、ぜひ古代日本への旅にお出かけください! 詳しくは、こちらへ。

  • 新刊
    3月7日、単行本『また会う日まで』刊行!

    3月7日、単行本『また会う日まで』刊行!

    池澤夏樹が2020年8月から2022年1月にかけて朝日新聞に連載した小説「また会う日まで」が単行本となって、3月7日に刊行されます! 連載終了から1年をかけて推敲を重ねた作品は新聞連載とはまた異なる読書体験となるでしょう …

  • 新刊
    『科学する心』が文庫本になりました!

    『科学する心』が文庫本になりました!

    アマチュアの科学ファンを自負し、科学と文学の間で自在に思索する池澤夏樹ならではの科学随筆集『科学する心』(2019年/集英社刊)がこのたび角川ソフィア文庫となりました。 新たな書き下ろし「環世界とカーナビと心の委員会」を …

  • 新刊
    52年の時を経て、『満天の感情』刊行。

    52年の時を経て、『満天の感情』刊行。

    ヨルク・シュマイサーと池澤夏樹の出会いから52年の時を経て結晶した『満天の感情 『古事記』詩画集』が河出書房新社より刊行されました。 版画家と詩人は互いに呼応し合うように旅の軌跡を交差させた。 半世紀を超える時空の旅から …

  • 新刊
    『旅のネコと神社のクスノキ』、8月1日発売!

    『旅のネコと神社のクスノキ』、8月1日発売!

    広島にある被曝建物の記憶を伝える、忘れてはいけない物語。 —– 絵本はここまで出来るのか!   見るだけ読むだけでは済まない77年前の真実。  谷川俊太郎 池澤夏樹と黒田征太郎による書き下ろし絵本 …

  • 新刊
    『終わりと始まり2.0』が文庫になりました。

    『終わりと始まり2.0』が文庫になりました。

    池澤夏樹が朝日新聞に連載した人気コラムの書籍化第二弾である『終わりと始まり2.0』が朝日文庫となりました。解説は中島岳志。タイトルの由来であるヴィスワヴァ・シンボルスカの詩「終わりと始まり」(沼野充義訳)を収録。 詳しく …

  • 新刊
    スティーヴンソンの『子供の詩の庭』を新訳でお届けします。

    スティーヴンソンの『子供の詩の庭』を新訳でお届けします。

    ブレイクの『無垢の歌』に続いて、父娘共訳の詩集第2弾『子供の詩の庭』(原作:R.L.スティーヴンソン)が刊行されました。 池澤夏樹にとっては、幼い頃母の原條あき子と一緒に原作を読んだという思い出深い詩集。今度は娘の春菜と …

  • 新刊
    『「メランコリア」とその他の詩』が刊行されました!

    『「メランコリア」とその他の詩』が刊行されました!

     自分に詩の季節がまた巡ってきた。  豊穣にはほど遠い。  ぽつりぽつりと滴るだけだが、  それでもどうやら涸れてはいないらしい。  ---本書・あとがきより   久しぶりの池澤夏樹の詩集です。 詳しくはこちら …