cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

短篇小説

TIO’S ISLAND

著者:池澤夏樹
写真:竹沢うるま

池澤夏樹の文と竹沢うるまの写真が誘う南の島の魔法

池澤夏樹氏の処女小説「南の島のティオ」は、約20年前に発行されましたが、現在でも読み継がれ、全国各地で朗読会が開かれています。
その「南の島のティオ」の続編を池澤氏が書き下ろし、小説の舞台となっている南の島の美しい写真を組み合わせた、イメージフルな写真小説が本書です。
写真を撮影したのは、新進写真家の竹沢うるま氏。竹沢氏の美しい南の島の写真に触発されて池澤氏が書き下ろした南の島のファンタジーは、年齢を問わず、長く読み継がれるクォリティを持ち、池澤氏の作家としての出発点である「南の島のティオ」を、より美しく、より深い感動をもって読み進めることができる新しいタイプの本になっています。
池澤氏が初めて南の島を訪れてから30年間たって伝えたかったことが、美しく、余韻をもって心に届く1冊です。

「海の向こうに帰った兵士たち」を収録。

作品情報

発売日:2010/7/20
出版社:小学館

TIO’S ISLAND
単行本:2,100円販売中
購入する:

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!
» レビューについて

レビュー投稿ガイドライン

  • 投稿は400字以上を目指してください。
  • 投稿いただいたレビューは、cafe impala 編集部の承認後、サイトに表示されます(投稿後、すぐに表示はされません)。
  • サイトに表示されたレビューは、impala.jp 内の複数媒体 [単行本版/文庫本版/impala e-books (電子書籍)版] に共通して掲載される場合があります。
  • 投稿レビューの著作権は、投稿された方にあります。ご自身のレビューは、後日他のサイト等でも利用することができます。
  • 投稿に際して入力していただく個人情報は、cafe impala の制作運営に関連するcafe impala編集部、impala e-books編集部、株式会社ボイジャーからの連絡に限り利用させていただきます。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

この作品のレビュー

レビューはありません。

公開:2015年01月01日 - 最終更新:2019年03月22日