cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

小説

静かな大地

著者:池澤夏樹

北海道の原野で繰り広げられる、アイヌと和人の美しくも悲しい物語。
池澤夏樹の祖先の記憶。

短い繁栄の後で没落した先祖たちのことを小説にするのは、彼らの物語を聞いて育ったぼくの夢だった(池澤夏樹)。明治初年、淡路島から北海道の静内に入植した宗形三郎と志郎。彼らとアイヌの人々の繁栄と没落をえがく壮大な叙事詩。日本近代が捨てた価値観を複眼でみつめる、構想10年の歴史小説。第3回親鸞賞受賞作。

作品情報

< 目次 >

煙の匂い
最初の夏
鮭が来る川
札幌官園農業現術生徒
鹿の道 人の道
フチの昔話
戸長の婚礼
函館から来た娘
栄える遠別
砂金掘り
チセを焼く
神威岳
馬を放つ
あの夕日
遠別を去る

文庫版所収の解説なし

発売日:2014/07/01
発行:株式会社ixtan
製作・発売:株式会社ボイジャー

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!
» レビューについて

レビュー投稿ガイドライン

  • 投稿は400字以上を目指してください。
  • 投稿いただいたレビューは、cafe impala 編集部の承認後、サイトに表示されます(投稿後、すぐに表示はされません)。
  • サイトに表示されたレビューは、impala.jp 内の複数媒体 [単行本版/文庫本版/impala e-books (電子書籍)版] に共通して掲載される場合があります。
  • 投稿レビューの著作権は、投稿された方にあります。ご自身のレビューは、後日他のサイト等でも利用することができます。
  • 投稿に際して入力していただく個人情報は、cafe impala の制作運営に関連するcafe impala編集部、impala e-books編集部、株式会社ボイジャーからの連絡に限り利用させていただきます。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

この作品のレビュー

レビューはありません。

公開:2015年09月21日 - 最終更新:2019年03月21日