小説/短篇小説/短篇集

砂浜に坐り込んだ船

新潮社文庫【電子版】

著者:池澤夏樹

石狩湾で坐礁した、五千トンの貨物船。忽然と砂浜に現れた非日常的な巨体に魅せられ、夜、独り大型テレビでその姿を眺めていると、「彼」の声がした。友情と鎮魂を描く表題作と、県外の避難先から消えた被災者の静かな怒りを見つめる「苦麻の村」、津波がさらった形見の品を想像力のなかに探る「美しい祖母の聖書」ほか、悲しみを乗り越える人々を時に温かく時にマジカルに包み込む全9編。(解説・堀江敏幸)

 

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    砂浜に坐り込んだ船

    大聖堂

    美しい祖母の聖書

    苦麻の村

    上と下に腕を伸ばして鉛直に連なった猿たち

    夢の中の夢の中の、

    イスファハーンの魔神

    監獄のバラード

    マウント・ボラダイルへの飛翔

    解説:堀江敏幸

    発売日:2018/07/27
    出版社 : 新潮社