cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

エッセー/評論

小説の羅針盤

集英社e単行本

著者:池澤夏樹

この15人はみなぼくが好きな文学者たちであり、尊敬する人々であり、影響を受けた人たちだ。

上田秋成、森鴎外からピンチョン、カーヴァー、山田詠美まで、稀代の読み手でもある池澤夏樹が好きな作家や詩人、思想家を自分のまわりに並べて、それぞれの作家の本質を鮮やかに突く。もっともっと本が読みたくなる、軽やかな作家論。

作品情報

< 目次 >

上田秋成
  雨月と春雨の間

セーレン・キルケゴール
  神を前にしての絶望は罪である

森 鴎外
  文学の設計者

内田百閒
  生活と悪夢の人

日夏耿之介
  詩人としての日夏耿之介

アーネスト・ヘミングウェイ
  あまりにも二十世紀的

中島 敦
  知性と南風

ロレンス・ダレル
  二つの仮定

吉田健一
  小説からの逸脱

中村真一郎
  一つの精神の数々の側面

ジャック・ケルアック
真の詩人はいつでも早すぎる

日野啓三
  ただ美しい逸脱の物語

  宇宙のゆらぎを受信するアンテナ
  境界の上に立つ人たち

トマス・ピンチョン
  『V.』の航時性について

レイモンド・カーヴァー
  Kマートのリアリズム?

山田詠美
  倫理と人工言語

 

あとがき

 

 

 

発売日:2021/4/8
発行:集英社

小説の羅針盤
販売中
購入する:
iBooks
honto
amazon kindle
  • 楽天kobo
  • 紀伊國屋書店Kinoppy
  • BookLive!
  • ブックパス
  • Reader Store
  • eBookJapan
  • セブンネットショッピング
  • ひかりTVブック
  • BOOK☆WALKER
  • コミックシーモア
  • DMM.com
  • COCORO BOOKS
  • どこでも読書
  • 電子文庫パブリ

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!
» レビューについて

レビュー投稿ガイドライン

  • 投稿は400字以上を目指してください。
  • 投稿いただいたレビューは、cafe impala 編集部の承認後、サイトに表示されます(投稿後、すぐに表示はされません)。
  • サイトに表示されたレビューは、impala.jp 内の複数媒体 [単行本版/文庫本版/impala e-books (電子書籍)版] に共通して掲載される場合があります。
  • 投稿レビューの著作権は、投稿された方にあります。ご自身のレビューは、後日他のサイト等でも利用することができます。
  • 投稿に際して入力していただく個人情報は、cafe impala の制作運営に関連するcafe impala編集部、impala e-books編集部からの連絡に限り利用させていただきます。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA


この作品のレビュー

レビューはありません。

公開:2021年04月14日 - 最終更新:2021年08月13日

関連作品