インタビュー/共著・編著

堀田善衞を読む 

集英社新書

著者:池澤夏樹、吉岡忍、鹿島茂、大髙保二郎、宮崎駿
高志の国文学館・編

世界を知り抜くための羅針盤

南京虐殺事件を中国の知識人の視点から記した『時間』、時代を冷静に見つめる観察者を描いた『方丈記私記』『ゴヤ』などの評伝、『インドで考えたこと』『上海にて』などアジア各国を歴訪して書いた文明批評など、数多くの優れた作品を残した作家、堀田善衞(1918〜1998)。堀田が描いた乱世の時代と、そこに込めた思いは、混迷を極める現代社会を生きる上での「羅針盤」として、今なお輝きを放つ。

堀田作品は、第一線で活躍する創作者たちにも多大な影響を与え続けている。堀田を敬愛する池澤夏樹、吉岡忍、鹿島茂、大高保二郎、宮崎駿が、堀田善衞とその作品の魅力、そして今に通じるメッセージを読み解く。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    はじめに 『方丈記私記』から           富山県 高志の国文学館館長 中西 進
    第一章  堀田善衞の青春時代           池澤夏樹
    第二章  堀田善衞が旅したアジア         吉岡 忍   
    第三章  「中心なき収斂」の作家、堀田善衞    鹿島 茂
    第四章  堀田善衞のスペイン時代         大髙保二郎
    第五章  堀田作品は世界を知り抜くための羅針盤  宮崎 駿
    終章   堀田善衞二〇のことば          富山県 高志の国文学館
    おわりに
    【年表】堀田善衞の足跡
     付録 堀田善衞 全集未収録原稿 ———『路上の人』から『ミシェル 城館の人』まで、それから……

    発売日: 2018/10/22
    出版社 : 集英社