cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

小説

タマリンドの木

著者:池澤夏樹

人は結局は自分のために愛するのかもしれない。

タイのカンボジア難民キャンプで働く修子と会社員の野山は偶然の出会いから互いに強く惹かれ合うが、「自分がやっている仕事の意味に疑問を感じることはないから楽なの」と言う修子は難民キャンプを去ることは考えられない。会社の期待を背負い、東京に暮らす野山が取った行動は…。

作品情報

文庫版所収の解説なし

発売日:2014/07/25
発行:株式会社ixtan
製作・発売:株式会社ボイジャー

タマリンドの木
impala e-books:400円入手困難
購入する:
古書を探す:

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!
» レビューについて

レビュー投稿ガイドライン

  • 投稿は400字以上を目指してください。
  • 投稿いただいたレビューは、cafe impala 編集部の承認後、サイトに表示されます(投稿後、すぐに表示はされません)。
  • サイトに表示されたレビューは、impala.jp 内の複数媒体 [単行本版/文庫本版/impala e-books (電子書籍)版] に共通して掲載される場合があります。
  • 投稿レビューの著作権は、投稿された方にあります。ご自身のレビューは、後日他のサイト等でも利用することができます。
  • 投稿に際して入力していただく個人情報は、cafe impala の制作運営に関連するcafe impala編集部、impala e-books編集部、株式会社ボイジャーからの連絡に限り利用させていただきます。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

この作品のレビュー

  • 『 タマリンドの木 』

     短い作品ですが、多くの問題に触れています。日本社会における雇用の問題、難民キャンプ、「国際貢献」と呼ばれるものの実態、生きがいとは、家族とは、結婚とは、などなど。そしてもちろん、人を愛することについて。
     恋愛小説として、あらすじや展開としては非常にわかりやすいです。なおかつ、丁寧な言葉で紡がれているところが、池澤作品の魅力かと感じています。色々なことを、頭で論理的に整理しようとしても、心が走ってしまったり、そしていつか、宇宙的な力に動かされたり。人間というものの小ささと、それでもできるかぎり生きようとする人たちの両方が映されています。
     9年間タイに暮らしました。登場する場所も、「きっとあそこに違いない」と、住んでいる人なら分かるもので、嬉しかったです。空港も、今のものになる前の、あの喧騒が思い出されました。
     私は教師です。高校生の国語の授業で、この作品を何度も取り扱ってきました。文学的な語りの工夫はもちろんですが、何より、この小説が読者に示すその姿勢に強く共感しています。私の学校の生徒たちは、国際的な場所に出て、コミュニティープロジェクトに関わる機会がありますが、この作品を読んで、「人助けをしたい」と思っている彼らの考え方が変わっていくのを目にしてきました。また、仕事や社会における男女の役割など、規定の価値観に問いかけるという意味でも、十代の彼らといくらでも議論を進めることができます。
     小説が示す「姿勢」という意味では、他の池澤作品にも共通することでしょう。しかし、わかりやすい恋愛、ほどほどの長さ、そして国際貢献についての話題というバランスが、高校国語の授業で非常に取り扱いやすく、現在入手ができなくなっていることに、困っています。e-booksになって、日本国外からも入手がしやすく喜んでいたのですが、ついに入手ができなくなってしまいました(2019年6月23日をもって電子書籍の販売を一旦終了とのこと)。
     何かしらの手段で、近日、また入手できるようになるといいのですが。いかがでしょうか。

    Jun Nishimoto
  • 『 タマリンドの木 』

    投稿をありがとうございました。できるだけ早くに、電子版が再開できるよう努めます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。本多真理@cafeìmpala

    admin
公開:2015年09月21日 - 最終更新:2019年06月24日