翻訳/詩

カヴァフィス全詩

著者:コンスタンティノス・カヴァフィス
翻訳・解説:池澤夏樹

詩人のまなざしが衝く人間の生きよう、その過去・・・現在・・・

歴史のアイロニーと一人の孤独な人間のありよう、そして同性愛者の官能と悲傷ーーーカヴァフィス詩を長く机辺に置きつづけた池澤夏樹による待望の翻訳。

豊富な脚注が、より深く広くカヴァフィスの世界へと誘う。

購入等お問い合わせは、こちらへ。

「カヴァフィスの名は日本でこそあまり知られていないが、欧米では知識人必須の教養の内にある。J・M・クッツェーが『蛮族を待ちながら』という小説を書けば、このタイトルはカヴァフィスの詩の引用だと誰でもわかる。そういう例は少なくない。」——<解説ないしあとがき>より

紀伊国屋書店で購入

hontoで購入

 

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    発売日: 2018/09/25
    出版社 : 書肆山田