cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

cafe impala|作家・池澤夏樹の公式サイト

評論

されく魂 わが石牟礼道子抄

著者:池澤夏樹

何十年追いかけても石牟礼道子は捕まらない。
その言葉は、はみ出しあふれ出し時には飛び去る。
はるかに高いところへ遠いところへ。
石牟礼道子は存在自体が一つの文学的な奇蹟である。

されく(さまよう)魂をもつ作家の奔放に豊潤に湧きいずる言葉の数々を追いつづけ、それらに真摯に対峙した渾身の論考集大成。

この人の文学は既成のどんな枠にも収まらないくせに、解釈の困難を遙かに上回る魅力を湛えている。(・・・・・・)
彼女の文学には構造がない。設計図を描いて、部品を作って、組み立てるという工学的な手段に依ることがまったくない。作品は書かれつつあるその先端からつぎつぎに生まれる。枝の先に花が咲き実が生るように生成される。

作品情報

< 目次 >

「まえがき」まがい

        I
『苦界浄土』ノート
不知火海の古代と近代
水俣の闇と光
明るくて元気で楽しそう
世界文学作家としての石牟礼道子
「日本文学全集」『石牟礼道子』解説
『評伝 石牟礼道子————渚に立つひと』文庫版解説

    II
書評『最後の人————詩人 高群逸枝
書評『葭の渚————石牟礼道子自伝
書評『不知火おとめ————若き日の作品集1945-1947
書評『無常の使い』
書評完本 春の城』
書評『道子の草文』

      III
ぼくのもとに無常の使い
石牟礼さんがお果てになった
夢とうつつを見る人
されく魂————石牟礼道子一周忌に寄せて

あとがき

 

 

発売日:2021年2月22日
発行:河出書房新社

されく魂 わが石牟礼道子抄
単行本:1,760円販売中
購入する:
  • Amazon

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!
» レビューについて

レビュー投稿ガイドライン

  • 投稿は400字以上を目指してください。
  • 投稿いただいたレビューは、cafe impala 編集部の承認後、サイトに表示されます(投稿後、すぐに表示はされません)。
  • サイトに表示されたレビューは、impala.jp 内の複数媒体 [単行本版/文庫本版/impala e-books (電子書籍)版] に共通して掲載される場合があります。
  • 投稿レビューの著作権は、投稿された方にあります。ご自身のレビューは、後日他のサイト等でも利用することができます。
  • 投稿に際して入力していただく個人情報は、cafe impala の制作運営に関連するcafe impala編集部、impala e-books編集部からの連絡に限り利用させていただきます。

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA


この作品のレビュー

レビューはありません。

公開:2021年03月13日 - 最終更新:2021年03月13日

関連作品