エッセー

詩のなぐさめ

著者:池澤夏樹

詩を読むことを習慣にするのは生きてゆく上で有利なことである。

詩はそっけない。少し遠い。一度ではわからない。でも、いざというときに寄り添う。留まる…あなた独りではない、と。圧縮された言葉と感情の塊である詩が解凍したときに広がる沃野。広大な詩の花園から一輪を、あなたの部屋に飾りましょう。詩が飛翔し再生する有様こそ、魂の純化と救済の姿です。導き手となるのがこの一書。古今東西へと放たれる池澤夏樹の真骨頂、芳醇なエスプリの空間へ、ようこそ

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    発売日: 2015/11/25
    出版社 : 岩波書店