< 作品一覧へ

[jpshare]

共著・編著

源氏物語 上
(池澤夏樹=個人編集
日本文学全集04)

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集

翻訳:角田光代

恋に生き、切なさに、嫉妬に、美しさに涙する――
日本文学最大の傑作が、明瞭な完全新訳で甦る!
<原文に沿いながらも現代的な自然な訳文で、もっとも読みやすく美しい角田訳の誕生。
上巻には、第一帖「桐壺」から第二十一帖「少女」まで、たっぷり二十一帖分を収録! >

世に優れて魅力ある男の物語が、たくさんの登場人物を連ねて際限なく広がる。その一方で人の心の奥へも深く沈んでゆく。いうまでもなく日本文学最大の傑作。――池澤夏樹

とりかかる前は、この壮大な物語に、私ごときが触れてもいいのだろうかと思っていた。
実際にとりくみはじめて、私ごときが何をしてもまるで動じない強靭な物語だと知った。
――角田光代

解題=藤原克己(国文学 東京大学)
解説=池澤夏樹
月報=瀬戸内寂聴
大和和紀
帯写真=荒木経惟

<出版社から>
【角田光代訳『源氏物語』は、何より読みやすさと、昔も今もつながる感情を重視! 】
角田訳は、物語としての面白さが堪能できる『源氏物語』です。これまでの現代語訳で挫折した方も、この角田訳なら必ず最後までたどりつけることをお約束します。

【読みやすさの工夫を凝らした角田訳の特徴】
●原文に忠実に沿いながらも、読みやすく、感情に引きつけて読める自然な訳文
●主語を補い、地の文の敬語をほぼ廃したことで、細部までわかりやすい
●現代的で歯切れがよく、生き生きとした会話文
●作者や第三者の声(草子地)を魅力的に訳して挿入
●和歌や漢詩などの引用はほぼ全文を補って紹介

平安時代中期の11世紀初めに紫式部によって書かれた『源氏物語』は、五十四帖から成る世界最古の長篇小説。輝く皇子として生まれた光源氏が、女たちとさまざまな恋愛を繰り広げる物語であると同時に、生と死、無常観など、人生や社会の深淵が描かれている。四百人以上の登場人物が織りなす物語の面白さ、卓越した構成力、細やかな心情を豊かに綴った筆致と、千年読み継がれる傑作。上巻には一帖「桐壺」から二十一帖「少女」まで、光源氏の誕生から若き日々を描く。

◎初回封入特典 源氏かおり袋付き 特製しおり

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    桐壺(きりつぼ) 光をまとって生まれた皇子
    帚木(ははきぎ) 雨の夜、男たちは女を語る
    空蝉(うつせみ) 拒む女、拒まぬ女
    夕顔(ゆうがお) 人の思いが人を殺める
    若紫(わかむらさき) 運命の出会い、運命の密会
    末摘花(すえつむはな)さがしあてたのは、見るも珍奇な紅い花
    紅葉賀(もみじのが) うりふたつの皇子誕生
    花宴(はなのえん) 宴の後、朧月夜に誘われて
    葵(あおい) いのちが生まれ、いのちが消える
    賢木(さかき) 院死去、藤壺出家
    花散里(はなちるさと)五月雨の晴れ間に、花散る里を訪ねて
    須磨(すま) 光君の失墜、須磨への退居
    明石(あかし) 明石の女君、身分違いの恋
    澪標(みおつくし) 光君の秘めた子、新帝へ
    蓬生(よもぎう) 志操堅固に待つ姫君
    関屋(せきや) 空蝉と、逢坂での再会
    絵合(えあわせ) それぞれの対決
    松風(まつかぜ) 明石の女君、いよいよ京へ
    薄雲(うすぐも) 藤壺の死と明かされる秘密
    朝顔(あさがお) またしても真剣な恋
    少女(おとめ) 引き裂かれる幼い恋

    訳者あとがき
    解題 藤原克己
    解説 池澤夏樹

    発売日:2017/9/8
    出版社:河出書房新社