エッセー

春を恨んだりはしない
震災をめぐって考えたこと

著者:池澤夏樹
写真:鷲尾和彦

ぼくは震災の全体像を描きたかった。

自然の脅威、社会の非力、一人一人の被災者の悲嘆、

支援に奔走する人たちの努力などの

全部を書きたかった。

(本文より)

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    1 まえがき、あるいは死者たち
    2 春を恨んだりはしない
    3 あの日、あの後の日々
    4 被災地の静寂
    5 国土としての日本列島
    6 避難所の前で
    7 昔、原発というものがあった
    8 政治に何ができるか
    9 ヴォルテールの困惑

    発売日: 2011/9/8
    出版社 : 中央公論新社