< 作品一覧へ

[jpshare]

共著・編著

イスタンブール歴史散歩

とんぼの本

著者:渋沢幸子
著/エッセー:池澤夏樹

壮厳で静謐なモスク、喧騒に溢れたバザール、山と積まれた生鮮食品、芳ばしいケバブの香り…、アジアとヨーロッパの二大陸にまたがって立つ世界唯一の都市イスタンブールは、いつ訪ねても愉しい。ビザンティン文明とイスラム文明が複雑に重層するこの都の二千年の歴史を訪ねて、活気に満ちた街を行く。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

1 スルタナメット広場を中心に
2 ディワン通りからファティフへ
3 サライ・ポイントから金角湾沿いに
4 テオドシウスの城壁に沿って
5 ガラタ・ペラ地区からボスフォラス沿いに
6 アジア・サイドと島々へ
記憶の都市

発売日:1994/5/1
出版社:新潮社