共著・編著

ことばのたくらみ
―実作集

21世紀文学の創造 9

編集:池澤夏樹

いま、文学作品を書くとはどのような行為なのか。言葉とは、読者とは、文学の形式と方法とは。文学に対する根源的問いを、創作の先端で活躍する詩人と小説家が実験作を書下ろし、批評としてではなく、実作を通して考える画期的な試み。小説、詩といったジャンルの壁をとりはらい、日本語と日本文学を挑発する作品の饗宴。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    実作者の逆襲—池澤夏樹
    わたしを見逃してください、主よ—藤沢周
    大陸へ出かけて、また戻ってきた踵—多和田葉子
    ある中篇のための七つの書き出し—平出隆
    詩の家で—ことばのつえ、ことばのつえ—藤井貞和
    旅 CARHYのはるかな先達に—高橋陸郎
    喜屋武岬/老樹騒乱/かみぐとぅ(神事)/あたびーぬ うんじ—高良勉
    ワニ月夜—村田喜代子
    夜—山本昌代
    『月』について、—金井美恵子
    ゴドーを尋ねながら—向井豊昭
    追憶—平野啓一郎
    (お互い・に向かい・そこで・静かに・聞く)—冬の旅から—工藤正廣
    singes/singes—松浦寿輝
    レシタションのはじまり—池澤夏樹
    阿兄性伝—大城立裕

    発売日:2003/1/31
    出版社:岩波書店