< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー

池澤夏樹の世界文学ワンダーランド

探究この世界 2009年10-11月 (NHK知る楽/月) ムック

編集:日本放送協会・日本放送出版協会
   (NHK出版)
著者:池澤夏樹

第二次大戦後、世界は変わった。文学も変わった。植民地が独立し、女性が社会進出し、人の移動が激しくなった。そして、今ここに、新たな「世界文学全集」が生み出された。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    第1回 世界文学はおもしろい
    第2回 恋はサスペンス——『マイトレイ』
    第3回 名作を裏返す——『サルガッソーの広い海』
    第4回 野蛮の幸せ——『フライデーあるいは太平洋の冥界』
    第5回 戦争は文学を生む——『戦争の悲しみ』
    第6回 アメリカを相対化する——『老いぼれグリンゴ』
    第7回 アメリカ化する世界——『クーデタ』
    第8回 さまよえる良心——『アメリカの鳥』

    発売日:2009/9
    出版社:NHK出版