エッセー

楽しい終末

著者:池澤夏樹

明日世界が滅びるとしたら、今日君は、リンゴの木を植えるだろうか? 世紀末の地球文明の混沌を柔軟で深いまなざしでとらえる。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    序—あるいは、この時代の色調
    核と暮らす日々
    ゴースト・ダンス
    恐龍たちの黄昏
    レトロウイルスとの交際
    人のいない世界
    洪水の後の風景
    我が友ニコライ
    沙漠的思考
    サルとしてのヒト
    ゴドーを待ちながら

    出版社:
    文藝春秋
    出版年月:
    1993/6