< 作品一覧へ

[jpshare]

エッセー/コラム

新世紀へようこそ

著者:池澤夏樹

彼らには武器がある。
僕たちには言葉がある。

同時多発テロについての日本の論調には

「テロはいけない、だがこの悲劇を生んだ背景にも目を配らなければならない」

という一つの型が見える。

9月11日がきっかけで始まった池澤夏樹によるメールマガジンのコラムをまとめる。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    001 「しかし」について
    002 作戦名
    003 憲法前文
    004 根源的矛盾
    005 意図と偶然
    006 「ディア・ヨーコ」
    007 フィクションと現実
    008 報復の対象
    009 殴られた
    010 文明について
    011 自衛ということ
    012 再軍備
    013 途上国びいき
    014 『騎馬の民』
    015 テレビという武器
    016 敵からの贈り物
    017 荒野の旅人
    018 1ヶ月
    019 沖縄にも子供はいる
    020 WTCの中の保育所
    021 小泉氏の話法
    022 HDRについて再び
    023 さまざまな日本人
    024 カミカゼ・アタック
    025 アメリカ、アメリカ
    026 中村哲さんの講演
    027 難民になる
    028 社告
    029 山のエピソード
    030 文明の利器
    031 思わず手を貸す
    032 神学論争
    033 ブッシュ氏の野望?
    034 陰謀史観について
    035 メディアに向かう姿勢
    036 バークリー市議会の決議
    037 憲法と現実
    038 軍の限界
    039 黄色いパッケージ
    040 究極のテロ対策
    041 中村哲さん再び
    042 別バージョン
    043 ひとり歌わず
    044 エスカレーション
    045 ワクチンと停戦
    046 京都議定書の意味
    047 国の方針と国民の思い
    048 アフガニスタンの新事態
    049 中世への視点
    050 私訳・日本国憲法前文
    051 日本国憲法と日米安保条約

    発売日: 2002/3
    出版社 : 光文社