小説

キップをなくして

著者:池澤夏樹

子供たちの冒険
心躍るファンタジー

キップをなくして駅から出られなくなり、「ステーション・キッズ」として暮らす子供たちの物語。ある初夏の朝にキップをなくし「駅の子」となった主人公のイタルは、事故で死んだ一人の女の子と出会い、彼女の旅立ちを見送る。

生と死が交差する駅の空間で、イタルと仲間たちの冒険を通して死を見つめ直すファンタジー。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

レビューを表示したい「作品」を選択してください。 ここでの関連付けを行うと、レビューが公開されます。(ステータス「承認」では公開されません。)

    入賞

    受賞した賞の名称を1つづつ入力します。

    1

     レビュー投稿フォームを開く

    作品情報

    目次

    キップをなくす
    駅の仲間
    甲州焼肉弁当
    ミンちゃんの話
    階段の決闘
    精算券とスイカ
    駅長さんに会う
    駅の子のはじまり
    真夜中の目白駅
    二回目の会議
    函館めぐり
    春立の広い空
    最後に、上野駅で

    発売日: 2005/7/30
    出版社 : 角川書店