< 作品一覧へ

[jpshare]

共著・編著

アメリカの鳥
(池澤夏樹=個人編集
世界文学全集 Ⅱ-04)

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集

著者:メアリー・マッカーシー
翻訳:中野恵津子

大ベストセラー『グループ』著者の最高傑作、新訳決定版。ヨーロッパに渡った米国人青年が自身の内なる反米主義に悩んだり自分流の哲学につまずいたりしながら成長を遂げていく姿を描く。

アメリカ人青年ピーターは、鳥や植物を愛す、ちょっと内気な19歳。パリ留学を前に母とふたり、ニューイングランドの小さな町を訪れる。4年前、母と暮らしたその地は、アメリカのよき伝統が残る、緑あふれる土地だった。しかし4年の間に自然は失われ、町はすっかり観光地化していた。母は怒り狂い、よきアメリカを取り戻すべくひとり闘う。そんな母と、アナキストだった父に育てられたピーターは、敬愛するカントの哲学に従い、「人を手段として利用してはならない」を行動原理として異国に旅立ってゆく。時代は北爆開始にはじまるベトナム戦争の拡大期。パリやローマで、ピーターは自身の反米主義に思い悩み、またイタリア系ユダヤ人を父にもつ自分のユダヤ性に常にこだわりながら、母国とヨーロッパの狭間で精神の成長を遂げてゆく。ベストセラー『グループ』をしのぐ名著、待望の新訳決定版。

 

〈ぼくがこの作品を選んだ理由 池澤夏樹〉

『失踪者』の主人公がヨーロッパからアメリカに渡ったのと逆に、この小説では若いピーター・リーヴァイがアメリカからフランスに渡る。出会うものに驚き、考え込み、自分流の哲学を修正しながら育ってゆく。こんなに魅力のある主人公はめったにいない。

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

発売日:2009/8/11
出版社:河出書房新社