< 作品一覧へ

[jpshare]

小説

アトミック・ボックス

著者:池澤夏樹

<核>をめぐる究極のポリティカル・サスペンス!

「新聞連載小説の特権の一つとして

同時代性を活用するということがある。

登場人物と読者に同じ空気を吸わせる。

去年、2012年の9月に連載を始めた時、

ヒロインが犬ノ島に行く日を2013年の5月3日と決めた。

つまり近未来だ。

彼女の冒険はその日の2週間ほど前から始まる。

連載が進むにつれてその現実の日が近づいてくる。

これは書いていて不思議な感覚だった」

池澤夏樹「『アトミック・ボックス』連載を終えて

小説が現実に追いつかれる日」(毎日新聞2013年7月23日掲載)より

この作品のレビューを投稿しませんか?

cafe impala では、読者のみなさんのレビューを募集しています!

レビュー投稿ガイドライン

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

 レビュー投稿フォームを開く

作品情報

目次

凪島を出る
東に向かう舟と船
「あさぼらけ」の正体
犬島と犬ノ島
アトミック・ボックス
六〇〇キロの飛躍
「あさぼらけ」の終幕
隠されていたこと
最後の対決

発売日: 2014/2/4
出版社 : 毎日新聞社